雨の日の運転

昨日は久々のドシャ降りでしたね~!!

教習所で二輪の教習を行っていた時は

本当に嫌で嫌で、、、、、、

バイクのお客さんキャンセルしてくれないかな??泣

と祈りつつ、、、


数時間乗ってるとカッパを着てても浸水して

夏場は蒸れて嫌でしたね~!!泣


最近はあまりないですが雨の日になると

運転は危険か!と言われれば

確実に危険です!まず視界が悪くなります!

運転中の情報の8割は目から入ると言われていますが

その情報が単純に減らされてしまうので

歩行者や軽車両を見落とす可能性が高くなります

ミラーなどに水滴がつくとバック(後退)の時の後方間隔も分かりにくいですし

走行中の後方の状態も見にくくなります!

夜間になると対向車のヘッドライトが路面に反射しセンターライン等の白線を消してしまう事もあります!

見にくいのでより見よう!見よう!

と前ばかり見てしまい、まわりの情報を見落とし事故に繋がる事が多くあります


制動距離に関しても

一般道で30キロ程度で走行している分にはさほど大きな違いは感じられないでしょうが

高速で100キロ走っている時の制動距離は当然長くなりますし

スリップする可能瀬も高くなります!


交通事故を未然に防ぐためにも

車両のコンディションは本当に大事です!

視界を広くするためにもガラスは綺麗な状態を保つことは大切です

特に内側が汚れていることが多くあるため

内側もきれいにしておきましょう!!

ワイパーも経年劣化で布きムラが出てしまう事もあります

ワイパーのゴムはムラが出てきたら定期的に交換することをおススメします!

尚、はっ水加工してあると更に視界がクリアに保たれますよね!!

高速でノーワイパー走行なんてのも

よく見ます!!


そして制動距離が長くなる、、、

スリップするのはタイヤの寿命や劣化が大きく関わってきます

現在のタイヤの進化は凄まじいものがあり

10年前のタイヤに比べると安全性も格段に上昇していますが

経年劣化によりタイヤはどんどん硬化していきます

タイヤ交換したのが10年も前の安いタイヤで

溝もなくスリップサインも出ていたら

やはり危険です!

空気圧をこまめにみる事と

溝がしっかり残っているタイヤで走っていくことで

少しでも安全性は向上していきます!!


勿論、普段より速度を落とす

車間距離をあける等も大切ですね!!


マイカーでの講習を受けらるお客様で

ご希望されるお客様には

と本当に簡単ですが!

車両の点検をさせて頂いておきます

講習後も無事故無違反でありますように!

皆様のお問合せをお待ちしております